【葬儀は場所選びも大切】斎場の種類と選び方

公営斎場での葬儀の写真

公営斎場での葬儀

葬儀会場を利用する際に、一番人気が高いのが公営斎場です。公営斎場は市町村が運営する葬儀施設で、税金によって運営されています。このため施設を管理する自治体の住民であれば、安い費用で会場を借りることができます。多くの公営斎場は料金の安い良心的な葬儀社と提携しているので、費用を抑えてお葬式をすることができます。民間の施設のようにホテル並みの豪華な宿泊施設は備えていませんが、和室の控室が設置されています。会場にはあらかじめ祭壇が設置されているので、会場の設営や祭壇のレンタルに必要な費用を節約することができます。ちなみに公営斎場の職員は公務員なので、心付けなどをわたす必要はありません。公共施設なので、宗教・宗派の制限もありません。公営斎場の大きな特徴は、ほとんどの施設では火葬設備を備えていることです。そのため式場を借りて告別式を行う場合に、出棺の後にそのまま火葬炉まで運搬して火葬式を執り行うことができます。霊柩車を利用しなくても済むので費用が安く、手間がかかりません。最近は公営斎場でも、家族葬向けの小規模な式場を備えるケースが増えています。公営斎場のデメリットは、人気が高くて予約が取りにくいことです。使用料金が安い上に火葬施設も備えているため、式場の利用を希望する人が多いからです。複数の式場を備えた公営斎場を利用する場合には、他の人のお葬式とバッティングしてしまうことがあるので注意が必要です。公営斎場は火葬炉も設置されていることから市街地や住宅地から離れた不便な場所にあるケースが多くて交通の便が悪いので、遠方から来られる出席者のための移動手段を考慮するようにしましょう。

江東区での葬儀ならここ